アルバイトから服飾デザイナーへ

デザイナーと一言で括っても、実に様々なジャンルがあります。中でも服飾デザイナーは、とりわけ憧れや人気の高い職業の一つであります。イメージ的には洋服のデザインを思い浮かべる人が多いのですが、その他にも着物、帽子、舞台衣装、ウェディングドレス、シューズなどのデザイナーも含まれます。デザイナーに特別な資格は特にありませんが、専門的な洋裁技術や知識を学ぶ為に専門学校に進学する人も多くいます。技術以外にも、センスや流行に対する敏感さなども必要です。自分がデザインしたブランドを世に送り出すことを夢見る人も多く、華やかで煌びやかに見える表舞台とは裏腹に、現実はそう簡単な仕事ではありません。いきなりデザイナーとして仕事が出来るわけではなく、多くはアパレル業での下積みや生産管理、マーケティングなどデザイナーとは全く異なる仕事をこなしていく事もあります。ですが、どれもデザイナーへの道に役に立つことと割り切り、諦めずに取り組むことが大切です。社員やアルバイトに拘らず地道な努力がデザイナーへと繋がっていきます。狭山出身の有名デザイナーが誕生なんてこともあるかもしれません。